不動産売却査定

不動産を売却するときの査定の基本的な方法

不動産売却の査定金額はいったいどのようにして決まるのでしょうか。
これにはいくつかの方法があります。 主なものは3つありますから、大まかに把握しておきましょう。
また方法はプロに任せてしまい不動産査定無料一括査定サービスを利用し高値を探るというほうが
賢いと思います。

原価法

その一つが原価法です。
原価法は建物について用いられるものです。
売却しようと思っている建物を、その時点で同じものを建築しようと
思ったときにどれくらいの価格になるのかを計算するとともに、
今後の耐用年数を考えて価格を算出します。耐用年数が短ければ価格は安くなります。

収益還元法

収益物件では収益還元法が用いられる事が多いです。
収益物件から収入を得るときには利回りで評価します。
利回りは価格と賃料から計算できますが、逆に利回りと賃料から価格を
計算するほうほうが収益還元法です。
居住するための一戸建てやマンションではあまり用いられる事はなく、
投資物件として投資用マンションやアパートに用いられる事が多いです。

取引事例比較法

いろいろなものに用いられるのが取引事例比較法です。
取引事例比較法とは、以前に同じような物件が売買されたときの
価格を参考にして決める方法です。
同じ地域で同じ条件の物件が売却された事例を参考にして、
さらに築年数による修正や時点修正などを加えて価格を計算します。

不動産の査定金額については、だいたいこの3つの方法がとられる場合が多いです。
マンションは一つの建物に多くの部屋がありますから、ほぼ同じ条件のものを探しやすく、
そのために取引事例比較法を用いる事が多いです。